drone videography

Previously, aerial filming was made possible by taking cameras in manned flight. Drones are an exciting, increasingly popular of taking photos and videos. Equipment quality has improved drastically. With the right equipment and an experienced drone operator, breathtaking footage can be achieved.

空撮と言えば、カメラマンが飛行機・ヘリコプターに乗る、というものでした。近年ではドローン空撮が普及し機材の質もどんどん改善されています。上質な機材と経験のあるドローンオペレーターがあれば素晴らしい空撮も可能です。


YAHOO! ニュース 保戸島空襲 [Yahoo! Japan News Hotojima Air Raids]

Aerial shots that zoom in or out slowly from buildings and people are easily achieved with drones. It is a much less intrusive way to shoot from the air, compared to helicopters.

ドローンは人や建物から次第に遠のいたり、近づいたりすることが可能。またヘリを使用することなく、気軽に空撮ができる利点があります。

Hotojima [Yahoo! Japan Domentary]

Yahoo! ニュース 保戸島空襲 Hotojima [Yahoo! Japan Air Raids]


フジテレビ 逃走中![FujiTV Tousochu]

Drones take the place of traditional filming tools such as cranes, dollies, and steadycams, making virtually any range, speed, and angle possible.

ドローンは今まで撮影現場で使われていたクレーン、ドリー、ステディカム等の役目を果たせ、稼働できる範囲、速度、角度が自由になった撮影機材です。

フジテレビ 逃走中 FujiTV Tousochu


日本 スピードゴルフオープン 2017 [Japan Speed Golf Open 2017]

Drones make it possible to keep up closely with athletes during the fast-paced “Japan Speed Golf Open 2017.” Excellent equipment for scenery long shots – legal maximum height are 150 meters (Japan) and 120 meters (US). At a max speed of 80km/hr, this drone makes it possible to more than keep up at events featuring fast action.

スピードの求められる「スピードゴルフ全国オープン2017」では選手をギリギリまで攻めて追いかける撮影も可能。実景撮りにも最適な機材で、日本の法律では上空150メートルまで、アメリカは120メートルまで上昇して撮影可能。最速80キロのスピードが出るのでレースなどスピードが求められる競技も撮影可能。

日本スピードゴルフ 2017年 Japan Speed Golf 2017

日本スピードゴルフ 2017年 Japan Speed Golf 2017